原田和典のBloggin’ BLUE NOTE TOKYO

かねてから話題を集めていた新プロジェクトが、ついにここ日本から発進しました。ピアノ奏者ゴンサロ・ルバルカバと歌姫アイメー・ヌビオラ・・・・・・キューバ音楽のアンバサダーというべきふたりによる”Viento y Tiempo”(風と時間)のワールド・プレミア・パフォーマンスです。

このプロジェクトは友人であるふたりが、改めて自分たちのルーツに取り組むというもの。キューバン・ミュージックの歴史的ナンバーの数々が、鮮やかに今日に蘇ります。開演前には”Viento y Tiempo”の簡単な説明がスクリーンに映写されました。キューバの風景、プロジェクト発足のいきさつ、ゴンサロやアイメーのなごやかな表情を見聞きしているうちに、ますますライヴへの期待が高まります。

ゴンサロは白いスーツ、赤いネクタイで登場。アイメーもキラキラしたドレス、ふくらみのある髪型ですごくおしゃれです。オープニングは、まさかの「CHAN CHAN」。映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の中でコンパイ・セグンドが歌い、一躍有名になったナンバーですが、これをまさかゴンサロとアイメーのコンビネーションで聴けるとは。アイメーの歌声は強力無比、ゴンサロはこのライヴのために用意されたベーゼンドルファーのピアノから驚異的なまでに”立った音”を放ちます。ワールド・デビューから約30年、当初は空間を音で埋め尽くすかのような超絶ソロ・プレイで話題を集めたところもあった彼ですが、今回は歌伴の巧者ぶりをたっぷり味わわせてくれます。ヴォーカルと会話するように紡がれるコード(和音)、ヴォーカルの合間に絶妙に入り込む単音オブリガート(合いの手)の美しさと余韻。”ゴンサロって、こんなにサポートがうまいのか!”と、ぼくはひきつけられるばかりでした。

近年アンジェリーク・キジョーやオルケスタ・デ・ラ・ルスもトリビュートして再評価高まるセリア・クルースの楽曲「BEMBA COLORA」を、”セリアの再来”との声も高いアイメー(彼女もセリアに捧げた『El Regreso A La Habana』を出しています)の歌で聴ける喜び。ルイ・アームストロングや榎本健一もとりあげた1927年の楽曲「EL MANISERO」(南京豆売り)の、時代を超えた新鮮さ。アイメーは奔放なスキャットもおりまぜ、ゴンサロはハーモニーを拡張するかのような大胆な即興を繰り広げます(なんだかこの日の彼は、これまで自分が聴いたどのステージよりも、ハービー・ハンコックからの強い影響を感じさせてくれました)。彼は始終、優しい笑顔を浮かべ(なんと途中ではMCも行ないました。いわゆる”ジャズ”をプレイするときのゴンサロは、一切メンバー紹介も曲紹介もしなかった記憶があります)、アイメーは積極的に観客に語りかけて、コール&レスポンスを促します。曲が進むごとに、オーディエンスは、自分たちが”Viento y Tiempo”の一員になったような気持ちを味わうことでしょう。公演は18日まで開催されます。

     

A new project that has been a hot topic for some time has finally come in Japan. It is the world premier performance of “Viento y Tiempo” (wind and time) by piano player Gonzalo Rubalcaba and Diva Aymée Nuviola … who should be ambassadors of Cuban music.

In this project, two friends are working on their roots again. The historical numbers of Cuban music are revived vividly today. Before the performance, a brief explanation of “Viento y Tiempo” was projected on the screen. As you listen to the Cuban landscape, how the project started, and the gentle expressions of Gonzalo and Aymée you can expect more and more live performances.

Gonzalo appears in a white suit and red tie. Aymée is also very stylish with a sparkling dress and a swelled hairstyle. The opening is “CHAN CHAN”. Sung by Compay Segundo in the movie “Buena Vista Social Club”, it became a famous number, but you can listen to this in a combination of Gonzalo and Aymée. Aymée’s singing voice is unrivaled, and Gonzalo has an amazing “standing sound” from the Bösendorfer piano prepared for this show. About 30 years after his world debut, he had gathered a lot of attention in the transcendental solo play that seemed to fill up the space with sound at first, but this time he will fully taste the skill of the song companion. The chords that are spun to speak with the vocals, the beauty and reverberation of the single-tone obligato that goes into exquisite intervals between the vocals. “I ’m so good at Gonzalo!” I was just attracted.

In recent years, Angelique Kijo and Orquesta de la Luz have also tributed and re-evaluated the song “BEMBA COLORA”, which is highly reputed (“Regreso A La Habana”). The timeless freshness of the 1927 song “EL MANISERO” (Moises Simons), which was also taken up by Louis Armstrong and Kenichi Enomoto. Aymée also has a bouncy scat, and Gonzalo develops a bold improvisation as if expanding the harmony (somehow this day he had a stronger influence from Herbie Hancock than any stage he had ever heard) He smiled all the time (I played MC on the way. I remember that Gonzalo did not introduce any members or songs when playing the so-called “Jazz”), and Aymée was active with the audience: talking to and encouraging a call and response. As the song progresses, the audience will feel as if they are part of “Viento y Tiempo”. The performance will be held until the 18th.